タグ

書籍で紹介されました

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2019年2月 8日 (金)

床暖房について

夏は暑いと思いきや、冬はとても寒くて外出が億劫になっている方も多いかと思います。(自分のことか!?(^-^;

床暖房は大きく分けて2種類あります。ひとつは電気式、もうひとつは温水式となります。

電気式に3種類あります。蓄熱式は床下に蓄熱材があり深夜電力を利用して24時間暖かな環境を維持でき、新築向きです。PTCヒーター式は、床高さが低く抑えられるのでリフォームに向いております。利用時は使った分だけ電気代が係ります。電熱線ヒーター式は初期費用は安価で部分暖房が可能ですが、やはり使う分だけ電気代が掛かります。

温水式はヒートポンプで空気の熱を集めて利用します。電気式とガス式、併用式があります。ガス式の方が早く温まりますがランニングコストは高くなります。総じて、初期費用は高めです。

床暖房設備は、設置時に配管の施工など大掛かりな工事が発生するので、リフォームにはあまりむいていないようです。

私見ですが、省エネ住宅(高気密・高断熱)仕様にして、一般的にエアコンを使うのがトータルコストは抑えられるようです。普及度にもよりますね。

手軽な断熱は、窓改修が一番で、現在の窓は優れた性能を有しています。初期費用は掛かりますが、ランニングコストはかからず電気代(またはガス代)の節約になります。

皆さん、断熱改修しませんか。

2018年12月17日 (月)

断熱改修について

寒い季節となりました。

今年は暖冬という話もありましたが、しっかり例年通り寒い日が続いておりますが、皆様いかがおすごしでしょうか。

さて、家の冷暖房率をよくする方法で、もっとも効果的なのは窓だということを御存じですか。

寒い冬の熱は窓から52%、暑い夏では74%も熱が逃げてしまいます。

窓の種類も多くあり、現在一般的にはペアガラスと呼ばれる2重窓ガラスが主流ですが、これでもサッシ回りから熱が逃げてしまいます。そこで、現在は樹脂窓と呼ばれる熱を逃がしにくいものが普及し始めています。

また、各都道府県毎に異なりますが、一定の補助金を出す制度がございます。

皆様もこの冬暖かく過ごすためにまどを改修しませんか!

2017年5月12日 (金)

ベランダとバルコニー

初めまして、松日聖子と申します。

最近、娘が結婚しまして、幸せになって欲しいものです(。>0<。)

「渚のバルコニーで待ってて・・・」昔、こんな歌が流行っていましたね。

タイトルに近づけようと努力しましたが、少々無理がありました・・・

さて、ベランダとバルコニーの違いは?と聞かれ、実は正確に答えられないことが多いのではと感じております。どちらも2階にありますが、屋根があるとベランダ、ないとバルコニーになります。また、建築基準法も少し面倒で、ベランダやバルコニーの先端から2m以下の部分は、延べ床面積に算入されませんが、2m以上突き出している場合、先端から2m差し引いた部分は面積に入ってしまいます。

ベランダやバルコニーを作りたいと思った時、気を付けて下さいね。