2022年4月22日 (金)

玄関ドアなどのリフォーム

玄関ドア交換などのリフォームです。


玄関ドア

施工前

Img_9667_r

施工後

Img_9780_r

ドアを閉めたまま、採風(風を通せます)できます。
断熱タイプを提案させていただきました。


勝手口ドア

Img_9666_r

施工前


Img_9782_r

施工後

こちらもドアを施錠したまま採風ができます。
もちろんガラス部分はペアガラスです。


和室の障子

Img_8553_r

施工前

一般的?な木と和紙の障子です。


Img_9664_r

施工後

見た目はあまり変わりませんが、インナーサッシです。

窓(サッシ)を二重にすることで、主に防音と断熱の効果が期待できます。



その他は、写真を撮っても分かりにくいのですが、サッシのガラスを複層ガラスに入れ替えしています。

Img_9658

このガラスに付いている金属のボタン?状のものがその印です。

量にも拠りますが、玄関ドア、勝手口ドア、インナーサッシは大抵1日工事で完了します。
ドアの交換などお考えのお客様は、ぜひお問い合わせください。

|

2022年1月27日 (木)

鉄骨造 リフォーム

こちらは地元で古くからお世話になっているお客様のお宅です。
鉄骨造3階建ての3階部分の内装仕上げ、住設機器をすべて撤去してのフルリフォームです。

解体前の写真は撮り忘れました。スミマセン

Img_0020_r

 

Img_0019_r

照明器具も撤去(天井落としたので当然ですが)したので、室内は薄暗くなってしまいました💦


壁仕上げを撤去したら断熱材は入っていませんでした。



現在は給排水菅の更新も完了し、床フローリングも貼り終わり、新規に断熱材も充填されました。

Img_0140_r

 

Img_0138_r_20220127162201


Img_0137_r_20220127162201

これまでの現場での「寒さ」が一転しました。
この後ボードも貼り終わればさらに快適になると思います。
今後はキッチンなどを設置して行きます。

 

|

2021年9月 8日 (水)

外装工事(屋根・外壁塗装替え)塗装中です。

外装工事(屋根・外壁塗装替え)塗装始めました。

 

前回の外装工事(屋根・外壁塗装替え)ですが、現在塗装作業を行っています。

Img_1608

サッシなど塗装の範囲外の箇所が汚れないように写真のような養生を行います。

一見ビニール養生により出入りに支障が出るように見えますがインターホンの箇所に切り込みを入れたり、引き戸はしっかりと開いて出入りの際に支障が出ないように養生しております。

Img_1545_20210908162201

こちらが外壁の高圧洗浄後の写真です。

Img_1606

こちらが塗装作業中の写真になります。

右面がシーラー塗布の状態で左面が中塗りの状態です。

使用材料により回数は変わってきますが今回の使用材料では中塗り・上塗りが必要になってきます。

色との違いもよく分かるようになっています。

屋根・外壁の塗装が完了したら樋や雨戸などの塗装に移っていきます。

ここまで進んできている作業ですが、天候がなかなか安定せず……

天気予報とのにらめっこが続きそうです。

|

2021年9月 1日 (水)

外装工事(屋根・外壁塗装替え)始めました。

横浜市内にて外装工事を始めました。

雨漏りのご相談を受けまして、その修繕に伴い今回の外装工事のご用命をいただきました。

雨漏りの処置も無事にさせて頂き、塗装前の水洗い作業を行っております。

Img_1535

Img_1545

高圧洗浄機による水洗いですが、長年の汚れが落ちすごくキレイになりました。

屋根や外壁だけでなく高圧洗浄の際はサッシやバルコニー・樋の内側など普段お手入れが難しいところも一緒に清掃しております。

汚れを落とした後は塗装工程へと移っていきます。

天候が崩れないことを祈るばかりです。

 

|

2021年5月26日 (水)

外装現場は屋根工事中です。

先日の外装工事現場ですが、足場を掛けてから1週間は天候不順で作業できず。
今週になって天気が回復したので、まず屋根工とシーリング打ち替えを施工中です。
と言っても、明日は午後から大雨らしいですが...☔


屋根の上はこんな感じで作業が進んでいます。

Cimg0074_r
施工前の屋根です。

Img_0239_r
施工中の屋根です。

スレート瓦から、裏に断熱を考慮した発泡ウレタンの貼ってある 「ガルバリウム鋼板」の屋根材となります。
Img_0241_r
色もブラウン系からグリーン系にガラリとイメージチェンジです。

Img_0267_r
古いシーリング材も打ち替えのため撤去中です。
今年は梅雨入りが早いとか、長いとか..
空模様ととにらめっこで作業は進みます。


|

2021年5月17日 (月)

屋根と外壁改修工事が増えています。

会社に近いこちらのお宅は、屋根と外壁の改修工事をご用命いただきました。
最近、外装のお話をいただき事が増えています。

20210512

しばらくは、はっきりしないお天気が続く様で、
しばらくは天気予報とにらめっこです。
今年は梅雨入りも早そうですね。




|

2021年4月22日 (木)

RC住宅の外装改修工事始まりました。

会社の近くで、鉄筋コンクリート造住宅の改修工事が始まりました。

Img_4516_r

足場架設も終わって、下地の状況調査中です。


Img_4688_r

外壁一面に落書きのようになっていますが、青い線や赤い点、写真には写っていませんがその他の色の記号は、それぞれ大切な意味があり、
建物を長持ちさせる上では大切な補修工事の目安となります。


Img_4642_r

Img_4663_r

屋上も劣化が進行しています。
今回は目地部分の補修などをしてから塗膜防水で改修いたします。






|

2021年4月16日 (金)

外装工事 (屋根改修中)

先日お伝えした「外装工事(軒天井貼替中)」のお宅ですが、
その後は屋根改修(重ね葺き)中です。

施工前は...
Img_3854_r
Img_3848_r
こんな感じで、汚れや苔の発生は仕方ないとして、所々にひび割れや欠けが見られました。
雨漏りしているわけではないので、塗装替というお話もありましたが、今後のメンテナンスもお考えになられて、
ガルバリウム鋼板性の屋根材で「重ね葺き」となりました。

Img_0141_r

Img_4508_r

Img_4505_r
ガルバリウム鋼板の耐用年数は、条件にもよりますが、おおよそ25年といわれています。


この後は、外壁塗装へと進みます。





|

2021年4月 9日 (金)

外装工事(軒天井貼替中)

先日お伝えした「外装工事」の現場のすぐ近所で、新たに外装(屋根重ね葺き、軒天井貼替、外装塗装替)工事が始まりました。
Img_0129_r

Img_0128_r

足場の関係で「キタザワ」シートが張れませんでしたので、看板だけ付いています。

Img_0126_r
Img_0125_r

現在は軒天井貼替中です。
元のベニヤが所々腐食していましたので、このタイミングで貼替えます。

軒の貼替が完了したら、屋根材の重ね葺きへと進みます。




|

2021年3月31日 (水)

屋根葺き替え工事施工中です。

 横浜市内にて、屋根葺き替え工事を行っております。

屋根の調査時に屋根下地材に沈みがみられた為、今回の工事となりました。

Img_7323

Img_7297

屋根材施工時は、天候の急変なども考慮して数人の職人さんにより短時間で施工させていただきました。

ドーマーと呼ばれる屋根付き窓の部分もご覧のとおりです。

  Img_7326

メイン工事は屋根の葺き替えですが、雨樋の取替や一部塗装も

御座いますのでしっかり作業をしてまいります。

|

2021年3月25日 (木)

お知らせ

弊社のブログをご覧いただきありがとうございます。

ホームページ上で、更新のお知らせを行っていましたが、
これからは Twitter にて更新のご案内をさせていただきます。
RSS
リーダー等のアプリをお使いの方も、今までの RSS と合わせて twitter をご活用ください。

Twitterlogoeyecatch

|

2021年3月15日 (月)

外装 塗装替工事中です。

会社の近所で、外装の塗装替工事を施工中です。
P3100417
今回は、木製の雨戸も痛みが見られたため、アルミ製の雨戸セットに交換です。
築年数から、屋根の葺き替えも考えられましたが、
見積段階で屋根に登って調査しましたところ、今回は塗装で計画いたしました。

|

2021年2月18日 (木)

マンションリフォーム施工中です。

横浜市内でマンションのリフォーム始まりました。

築30年位のマンションリフォームで、主に水廻りと内装の改修となります。

Dscf1175
先ずは既存の内装と住設機器の解体から

Dscf1122
共有通路を傷つけないように、搬出通路養生をして、

Dscf1123_20210218171101
車に積み込みます。

Dscf1245
築30年となると、給水管などもかなりくたびれてきていますね。

Dscf1342
外してみると..錆が!

Dscf1339
既存の鉄管を撤去して、

P1260879

Dscf1473

Dscf1345
給水・給湯管も保護材付架橋ポリエチレン管に交換します。


P1210876
元々、床仕上げはカーペットでしたが、今回はフローリングに変更します。
写真は、カーペットを撤去した後です。

Dscf1271
マンションの管理規定で支持されているL-40等級の床材です。

Dscf1337

Dscf1317
大工さんが端から貼っていきます。

P2180916
システムバスと..

P2180923
システムキッチンも組み立て中です。

竣工までもう一息です!

ここ最近、マンションのリフォーム・リノベーション工事のお問い合わせが増えています。
気になり方は、ぜひこの機会にお気軽にお声がけください。
お問い合わせお待ちしております!

|

2021年2月 4日 (木)

キャンペーン中です!

現在「玄関ドア」「内窓」特価キャンペーン中です。

001
各メーカーの玄関ドアが特価で交換可能です。
現在の玄関ドアを、通常1日の工事(※)で交換できます。
もちろん、勝手口ドアも格安にてご提供いたします。


Photo_20210204092401

こちらは「内窓」です。
いまある窓の内側にもう一つ窓を設置しますと、
断熱や結露予防、騒音の低減などの効果がUPします。

「玄関ドア」「内窓」ともに令和3年3月31日(水)までの受付となりますので、
気になる方はお早めにお問い合わせください。

PDFチラシはこちらから↓
ダウンロード - 20210204125756.pdf

 



(※)既存の玄関枠を残し、土間タイルや壁を壊さずに工事できる場合に限ります。

|

2020年11月19日 (木)

ビルの外装他リニューアル中

台風時期も過ぎ去り(と言っても、今年は大きな台風来なくて良かったですね!)外装のリニューアル工事を年内完成に向けて数件施工中です。

Img_1804_r  Img_1802_r
1件目は、いつも当社がお世話になっている会社様が入っているビルです。
営業中の店舗にご迷惑が掛からぬ様に気を付けます。

Img_1775_r   Img_1774_r
2件目、こちらもいつも当社でお世話になっている法人様所有のビルになります。
こちらも入居されているテナント様のご迷惑にならぬ様、気を付けながら施工中です。

Img_1780_r
2階の内装リノベーション工事も同時進行中です。こちらは賃貸の居住スペースとなりますが、いまから仕上がりが楽しみです。



木造住宅以外にもビルなどの外装、屋上防水などのリニューアルも是非お声がけください!

|

2020年8月 5日 (水)

梅雨が明けましたので..

横浜市内で屋上防水工事施工中です。

Img_0175_r

梅雨明け前に高圧洗浄してから、もたもたしていたらすでに下地・目地処理も終わり、
現在は通気シート施工中でした。汗

Img_0177_r

エアコンの室外機も手摺に起用に仮設してます。
この時期、エアコンは止められませんからね!

暑い中、職人さんも熱中症に注意して頑張っています。


|

耐震補強工事 施工中です!

ただいま横浜市補助金対象の耐震補強工事を施工中です。

Img_0153_r

着工してまだ1週間程度です。
現在は内部の補強と並行して基礎補強工事中です。

Img_0159_r

既存の基礎は当時としては珍しくありませんが無筋(鉄筋が入っていない)の基礎です。
この基礎に新たに現在標準の鉄筋コンクリート基礎を添えるように新設します。

新たに打設するコンクリートの付着性を良くするために、既存の基礎表面を削り取り、
わざと凸凹にしています。

Img_0160_r

そこに決められた間隔で「接着系アンカー」と呼ばれる材料を用いて
新しい基礎と一体化させるために鉄筋を設置して行きます。
下にあるのはこれから施工の接着系アンカーで、たばこの吸い殻ではありません。

Img_0162_r
 
鉄筋を設置した様子です。
鉄筋根元から出ている黒い筋が「接着系アンカー」の薬剤です。

Photo_20200805080101  

この写真の赤丸のところの上に「HD」とかいてあり、外壁が四角く切り取られています。
ここには、ホールダウン金物が新たに取り付けられ、地震の揺れで柱と基礎が分離しないように補強されます。


この後、配筋(鉄筋を配置)完了後に指定機関による「配筋検査」へと進みます。





 

|

2020年7月 9日 (木)

玄関ドア塗装

本日は「木製玄関ドア」塗装です。

30数年の間に風雨や日当りのさらされた結果、表面の塗装は剥がれて雨などが染み込みカビが発生しています。

Cimg0196_r

ヤマハ製の立派なドアです。
残念ながら今となっては新品は入手できません。

Cimg0199_r
表面のクリアー塗装が剥離しています。

Cimg0198_r

カビというかシミというか..
ドア本体も歪みやひび割れが発生しています。

Cimg0208_r

室内側はまだまだ綺麗ですので、今回は扉と枠は表面のみ塗装です。

Cimg0210_r

工場に運んで塗装のため、約3週間はこの「仮ドア」で我慢していただきます。
工場では、旧塗膜を全て剥離し、染み抜きや木部のひび割れなど可能な限り補修して塗装されます。

Cimg0517_r

もちろん枠も塗装します。
が、枠は外して工場に持って行くことができないため、2日間かけて現場での塗装となります。
この写真は2日目の作業中で、下地処理をして何層か塗装をかけた後にペーパー研ぎしたところです。

Cimg0521_r

上の状態から、仕上げのクリアー塗装をかけると艶もでてピカピカです!

Cimg0533_r

枠の塗装が完成したら、工場で塗装したドアを取り付けます。

Cimg0529_r

元の扉より少し濃い色にしました。

Cimg0526_r

どうです?新品みたいですよね!玄関ドアが綺麗になるだけで家の雰囲気も変わります。
最近はアルミ製の玄関ドアに交換する例が多いのですが、長年親しんだ木製のドアもこうして綺麗になってお客様にも喜んでいただけました。
金額はそれなりにかかりますが、もう手に入らない高級なドアを復活させたいとお考えの方は是非お問合せ下さい!




|

2020年7月 8日 (水)

自治会館の外装リフレッシュ

こちらは、当社で数十年前に新築させていただいた横浜市内の「自治会館」です。

P7022874

この度、外装リフレッシュ工事を行うということでお声をかけていただき、見積参加を経て無事受注となりました。

P7062887

ちょうど梅雨時期にあたってしまいますが、天気予報とにらめっこで工期内完成を目指して「品質第一!・安全第一」で頑張ります!

|

2020年6月30日 (火)

大規模修繕工事 施工中です。

横浜市内で商業ビル(弊社で24年前に新築)の大規模修繕工事を施工中です。

Dscf5733_r

交通量の多い街道沿いなので「キタザワ」が目立ちます!

|

2020年6月26日 (金)

マンションの内装リニューアル

横浜市内のマンション専用部分リニューアルです。
Img_2217_r
最上階のお部屋ということもあり、天井高が高くロフトもあります。

Img_2220_r
各部屋に床暖房が入っているために対応品で重ね貼りとなります。

元々は、所有者様が数年前までお住まいでしたが、今回は賃貸物件とするためにリニューアルをご用命いただきました。
Img_2222_r
Img_2223_r
Img_2218_r
Img_2219_r
水回り住設機器もすべてリニューアルです。
(カメラが広角でないために見にくくてすみません。)

マンションのリフォームもお気軽にお声がけください。

|

アパートの室内リニューアル その2

先日お伝えした「アパートの室内リニューアル」の続きです。
大工工事が完了してます。
P6190335
P6190333
床は相変わらず養生中ですが、新しい建具も入っています。
既存枠の塗装も完了しています。

P6190338
新しい洗面所の壁と、新設の建具も入りました。

これから壁と天井のクロス貼りへと進みます。

|

2020年6月18日 (木)

アパートの室内リニューアル始まりました。

横浜市内でアパート一室のリフォームをご注文いただきました。
浴室内に洗面器があるタイプのユニットバスがついていますが、
最近は洗面所が別にあるタイプでないと入居率が悪いそうで、DKの一部に洗面台を新設します。

Dsc01188_r

ここの洗面器を撤去します。
前居住者が退出してからまだクリーニングもしていないので汚れも..

Dsc01202_r


Dsc01175_r

床も汚れがひどく、今回はフローリングも施工します。

Dsc01180_r

壁・天井のクロスももちろん貼替ます。

Cimg0283_r

Cimg0277_r  

施工中です。
大工さんも2名入っていただき、現場はキュウキュウ
フローリングは貼り終わり、間仕切りの建具も交換のため撤去されています。

Cimg0280_r

新設の洗面所にはすでに配管類が引き込まれています。

完成が楽しみです!

|

2020年4月17日 (金)

シロアリ被害のリフォーム②

先日の続きです。

 
土間の土を均して、防湿ポリエチレンフィルムを敷き詰めた上に押さえモルタル打設しました。
Dsc01096      
打設前です。土のまま
Dsc01285_r Dsc01286_r
防湿ポリエチレンシートを敷き詰めてモルタル打設しました。

Dsc01283_r
既存の束がシロアリ被害や地盤の沈下によって浮き上がったりしている部分は「鋼製束」に置き換えます。
 
Dsc01282_r Dsc01281_r
大工さん。お疲れ様です!
一本一本打診して浮きや、空洞化していないか点検し、不良の箇所は「鋼製束」に置き換えます。
Dsc01287_r  
見た感じ頼りく感じる「鋼製束」ですが、ジャッキ機構で高さの調整も簡単にできる優れものです。
もちろん荷重に対しても大丈夫です。

同時に地下車庫のスラブ補強や、外装も施工中です。
Dsc01278_r Dsc01280_r    
 Dsc01289_r


 

|

2020年4月13日 (月)

シロアリ被害のリフォーム①

築数十年のお宅のリフォーム現場です。

お客様が、構造材の点検とメンテナンスを新築施工された工務店さんに依頼されましたが、工務店さんが遠方という事と事業縮小されたそうで、今回は点検のみ対応してもらったそうです。
その結果、シロアリの痕跡が見られたということで、当社にリフォームのご依頼がありました。

今回の工事は、床材改修と防湿土間コンクリート打設、外装のリニューアルがメインとなります。

既存の床をはがしてみたところ、所々でシロアリの被害が...
Dsc01098

Dsc01105
シロアリの通り道(蟻道:ぎどう)です。

Dsc01092
こちらの大引きにも沢山の蟻道があります。
一見、なんともなさそうに見えますが、軽くたたくとスカスカな音がします。
よく見ると裏側がこんな感じにやられています。
Dsc01100
この後、シロアリ被害のある部材はすべて交換し、防蟻消毒に進みます。

|

«マンション リニューアル お引渡ししました。